いつか湘南に住んでみたいな

今日も「時々ふらり旅」してきました。
何となく横須賀線に乗り、何となく終点の逗子で降りてみました。初めての逗子・葉山です。
駅を出たとたんに潮風を感じて気分が盛り上がります。
そして「田舎だろうな」という予想に反して駅前は結構な人・人・人。夏という事もあるとは思いますが、それ以上に商店街や個人商店が生き生きとしている印象がありました。
だって駅前にいきなり大きな魚屋さんがあって「えーらっしゃいらっしゃい!」と威勢の良い掛け声と新鮮そうな魚で大繁盛しています。
ワクワクしながらブラブラと街中を歩いてみると、昔からの商売や人情を感じる魅力的な雰囲気があって、皆さんとっても楽しそうに働いています。

注目のサイト

  • もし、借金問題でお悩みなら、法律のプロに相談するのが解決への近道です。まずはコチラのサイトの無料相談をご活用になってみてはいかがでしょうか。

イメージ

湘南というとハイソなイメージがありましたが、むしろ「古き良き日本」的なしみじみした雰囲気にすっかりハマッてしまいそうです。
古い映画、小津安二郎監督の作品で舞台となっていた鎌倉は隣町で、逗子もたまに登場したりしていましたが、何となくその頃から基本的な雰囲気は変わっていないように思います。
下町で活気があってちょっとお洒落でハイカラな街。
これは住んでみたい!と思った私は早速駅前の不動産屋さんに行って家賃チェックをしてみましたが・・・むむむ高い。
神奈川だし逗子だし東京よりは大分安いだろうと思いきや、結構なお値段していました。
やっぱり良い町、住みたい町は高いのか。ショック、、、とはいえ東京・横浜よりはそれなりに安いので、引越し先候補としては是非考えたいです!
しかしどこか出かける度に住みたくなってしまって候補が沢山。
悩ましいけどまずは引越し資金ためないとですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ