高知県立牧野植物園で自然の魅力を感じてみませんか

高知県と聞くと、四万十川や鰹のタタキ等を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このように高知県は豊かな自然と美味しい食べ物に恵まれています。ここでは、高知県の自然に焦点を当ててその魅力を紹介したいと思います。

高知県は四国の南側に位置しており、四国の中でも比較的温暖な気候をしています。そのため、足摺岬や龍河洞等、自然を満喫できる観光地や施設が数多くあります。中でも私がおすすめしたいのは高知県立牧野植物園という施設です。

牧野植物園は五台山に位置し、広大な園地に約3,000種類もの植物が生息しています。その種類の多さ故に四季を通して様々な花や珍しい植物を楽しむことができます。入園料は一般の方で720円、高校生以下は無料です。高知駅からバスが出ており、園自体にも無料の駐車場があるので、アクセスはしやすいかと思います。

また、ベビーカー等の貸し出しもあるので、小さな子どもを連れたご家族の方でも利用できます。注意点として、夏場は高温多湿になりやすいのでこまめに水分補給をする必要があります。また、温室等があるので全く楽しめないわけではありませんが、冬場はどうしても他の時期に比べると見られる植物が少なくなってしまうので、初めて観光で訪れる際は冬場以外に来ることをおすすめします。

植物に興味のある方はぜひ高知県立牧野植物園を訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ