果たして自己破産の債権者集会では難しいやり取りがあるのか

自己破産では、様々な手続きを行っていく事になります。時には面談なども必要になりますが、状況に応じて集会に出席する事があるのです。

そもそも財産に関するやり取りを行う際には、複数の方々が関わってくる事があります。それゆえに、ちょっと数名の方々の間で話し合いを行うケースもあるのです。債権者集会が、それに該当します。

集会は、基本的には裁判所で実施される事になります。管財人と裁判官も立ち会うことになるのですが、当然自己破産の手続きを行った方としても、同席する必要があるのです。ちなみに弁護士も一緒に出席する事になります。

ところで集会に参加するとなると、ハードルの高さを感じてしまう事もあるでしょう。集会にて、何か難しい議論などを行わなければならない等と、不安になってしまう方々もよく見られます。

ですが現実的には、特に問題は無いと考えて良いでしょう。実際に質問される項目は、全く難しい内容ではありません。あくまでも現在の自分の借金に関して、客観的な事実を伝えるだけに過ぎないのです。そもそも弁護士もきちんとサポートを行ってくれますから、その通りに行動していれば特に問題は無いでしょう。
自己破産を考えている方は、決断する前に、法律事務所の無料相談を活用して最適な選択肢を探す事を行った方が良いでしょう。
もしかしたら自己破産以外に適した選択肢があるかもしれないからです。

ちなみに財産が無い方々の場合は、債権者集会が行われる事はありません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ