父の借金の債務整理を代行しました

数年前に複数の企業からの借金を債務整理し、借金が帳消しになった上に過払い金まで戻ってきた経験がございます。ただし私の借金というわけではないのですが。
当時のことを思い出すと今でも信じられない思いですが、まだ50を過ぎたばかりだった父が急病に倒れ病院での治療も空しく帰らぬ人となってしまいました。当然私も家族もショックだったのですが、悪いことは尾を引いてやってくるもので何と亡き父に借金があったことが発覚したのです。

普段厳格だった父に借金があったということでも驚きだったのですが、何と複数の企業から借金をしておりそれが焦げ付いて、家族には秘密で債務整理新潟の弁護士に依頼していたことが分かったのです。
確かに父宛に覚えのない人物からの封筒が度々届くことを不思議には思っていたのですが、まさか相手が弁護士だとは思いも寄りませんでした。とはいえただショックを受けているわけにもいかず、父が亡くなってしまった以上誰かが代行するしかありません。

母はこれらのショックから立ち直れていないようだったので、已む無く私が代行することになりました。とりあえず件の弁護士にどうにかして連絡を取ると、父が亡くなってしまったことは先方も驚いておられましたが私が代行することは法的にも問題ないようでした。私が代行した時点でまだいくつかの企業に返済分が残っており、あるいは立て替えなければならないのかと危惧しましたが幸いにしてどの企業も父が亡くなったことを連絡すると、債務を放棄してくれたようでトントン拍子に話が進みました。

そして最後に過払い金の請求を行うことになったのです。父がどれだけどんな理由で借金を重ねていたのかは分かりませんが、とある企業からの過払い金の返還が70万程度にも上ることが分かりました。もちろんそれほどの金額ともなれば返してもらう以外に他無く、多少手間は掛かりましたが手続きから半年ほどで満額返還となりました。当時は私もとにかく目の前のことを片付けるだけで手一杯でしたが、今ではこれも良い経験だったと思います。天国の父には言いたいことはいくつもありますけどね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ